年賀状の宛名書きは、宛名書きソフトなどで年賀状に印刷することがありますが、機械にお任せすると自分で宛名書きする際に、記入の仕方に迷うこともあります。

受け取る人の名前や住所などの宛名は、ハガキの表面に記入します。伝える内容は裏面に書きます。表面を書くことを表書き、裏面を書くことを裏書きとも言います。

ハガキの表書きは縦書きと横書きがあります。どちらにしてよいか迷う場合は、裏面のレイアウトに合わせます。裏面が縦書きなら表面も縦書き、裏面が横書きなら表面も横書きにすると受け取った人が読み易いです。ただし、横書きは友達や親しい間柄であれば問題ありませんが、上司、先輩、恩師など目上の肩や会社関係の方へ年賀状を送る場合は縦書きが好ましいです。

縦書き、横書き問わず、共通して宛名書きでやってはいけないことは、宛名を赤字で書く、修正テープなどで修正する、二重線などを引いて直す、名前や会社名を省略することなどです。

書き間違えた場合は、修正はしないで新しいハガキに書き直します。

夫婦や家族宛に年賀状を出す場合は、特に決まりはなく、奥様や子供の名前を書かずに出すことは失礼ではありません。家族の名前がわかる場合は連名で宛名に書く事は望ましいことではありす。この場合は家族と面識がある場合になります。

会社関係の場合は、会社名、部署名、役職、名前と敬称の順番に正式名称を省略しないで正確に記入することが大切です。

年賀状 宛名書き

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ